当団のご紹介

当団の活動が目指すところ

  • 自燈剣道スポーツ少年団では、剣道が持つたくさんの良いところを生かして、子供たちの育成に貢献できる活動を続けています。剣道の言葉に『剣は心なり。心正からざれば、剣また正からず』(剣豪・島田虎之助)とあり、剣道と心の持ち方には、深いつながりがあると言われています。
  • 『文武両道』の言葉のとおり、”勉強します”、”剣道します”、”良い行いをします”を目標にしています。
  • 激しく厳しい稽古をしているうちに、姿勢が良くなり、丈夫な身体と忍耐力がつき、集中力がつき、積極的にもなる(頭も良くなりますよ!)。そして自立心がつき、礼儀正しくなるなどのいろいろな良いところが、子供たちの身に付くように修錬を続けています。
  • たくさんの汗を流した後は、爽快な気分となり、お互いの心もほぐれて会話も弾み、誰とでもすぐに友達になれます。
  • 友達づきあいの苦手な子、運動嫌いや体力に自信のない子(大人)でも大丈夫です。裸足で大きな声を出して、続けて竹刀を振ってみれば、誰でも上手になれます。

最初は、運動着と竹刀があれば大丈夫です。
どうぞ、活動中のところ(並木中学校武道場)を覗いてみて下さい。